170701

今日は7月3日です。

夏がもうすぐそこまできている、梅雨明けが目の前、、、それ以上に、採用においてもとても重要な日でもあるのです。

 

それは、高校生採用のスタートです。高校生を採用している企業にとっては、いよいよ高校生採用が本格的にスタートとなる、本当に重要な日になります。

実際の活動としては、事前に高校生の採用を希望する企業が、各所属するハローワークに求人票を提出しております。その求人票が正式に受理されたとしてハンコを押されたものが返却されるのが、7月の最初の営業日になるのです。ですから今年の場合は、7月の3日、月曜日となっているのです。

もちろんハローワークからの求人票なしでも、各高校にアピールすることはできなくはありませんが、ほとんどがそのまま厚い壁となり跳ね返されてしまうのです。そして高校生は何といっても学業が優先されるため、それ以外の活動はほとんど難しいとされています。ですから、スケジュールもほぼ全国的に同じようなスケジュールに沿って、全国で高校生の採用担当者が、同じような動き方をスタートさせているのです。

 

高校生の採用フロー(2017年度の場合)

高校生採用フロー

 

企業としても時間のない中で動かなければならず、高校生もいろいろな企業を検討するまもなく採用試験になってしまい、どうしてもミスマッチからの早期退職になりがちな高校生採用。ただその中でも一年を通して職場体験を行い、仕事、社会人、そして会社を身をもって感じることで、少しでもよい就職をしてもらおうという高校もあるので、この超売り手市場の昨今ですが、高校生にとっても良い就職ができることを願うとともに、行政側も何かの政策に取り組んで欲しいものです。