170705-2

大学四回生の皆さん、就職活動はどうでしょうか?

梅雨明けも見えてきて、もうすぐ本格的な夏がやってこようとする今日この頃ですが、採用活動はすでに一旦の内定出しの山場は終えようとしています。

 

企業の採用動向と今後

当たり前ですが、全ての企業が全ての内定を出し尽くして、すでに大学生の採用が終了している、なんてことは全くありません。一部の学生さんにとっては、そんな雰囲気を感じ取ってしまう人もいて、切望的になっている人もいるのかもしれませんが、企業にとっても18卒の採用活動を終了させる企業は、ほんの一握りです。

超大手で少人数しか採用しないような企業にとっては、6月中に採用を終了している企業もあります。ただそんな100%満足して終了している企業は、本当に限られた数しかありません、というのが現状です。もちろん企業側もゆっくり構えているつもりもなく、そして19卒の採用活動の準備も始めなければならないため、企業も焦っているのが本当のところです。ただ、学生と同じように手持ちのエントリーも少なくなっており、最初から長期的なスタンスで計画ができていない企業にとっては、もう一度母集団の形成からスタートしなければならない厳しい状況があります。

 

逆に、今からスタートする企業もチラホラ

そうなんです、あえて他社、しかも大手とガチンコで競合してしまう3月スタートの採用活動にあわせるのではなく、一旦学生が内定をとれずにリスタートするこのタイミングで、採用活動をスタートさせる企業もあります。また大手であっても第二弾、第三弾と、はじめから長期的な採用計画を立て、秋採用を含めたリベンジ組の学生を狙っている企業もあるのです。

その狙いとしては、やはり厳しいスケジュールの中で動く学生の、優秀ながらも採用活動のスタートを上手く切ることができなかった人を狙いやすいタイミングであるからなのです。

 

あきらめることなく、焦ることなく、、、

もちろん募集をしている企業の数は、総数でいうと確実に減少しています。採用を終了している企業も多いでしょう。ただ、結局は新卒で入社できる企業は、一人一社なのですから、必ず運命の出会いはあります。もちろん今まで以上に頑張らなければならないのは事実ですが、決してあきらめることなく、焦らず粘り強く活動を続ければ、きっと良い企業に巡り合えることができるはずです。