9e75ecaaa95da870db09e09ed45c9e1e_m

2018年入社の新卒採用も、大手がひと段落の様子で前半を終え、後半戦を迎えようとしています。

とは言うものの、内々定を得て就職活動を完全に終わらせている学生は一部に限られており、まだまだ活動を続けている学生のみなさんも多くおられます。いわゆる後半戦に入った2018年新卒採用ですが、後半戦ならではの戦い方、乗り切り方があります。その中でも特に文系の学生にとっての攻略法を、今回のコラムでは紹介していきたいと思います。

 

より短期決戦となる後半戦

学生のみなさんも、できるだけ早く、より希望に近い企業から内々定を得たいという気持ちがあると思います。それ以上に企業にとっても、早く優秀な人材を、予定している人数分確保したいと思っているのです。ですから自然と短期決戦となります。一次面接、二次面接、集団面接と行っていた企業も、一度に面接をまとめたり、会社見学会と説明会と面接を同日に行ったり、選考フローも日程も、短縮化します。

結論が早く出てるのはメリットですが、人気企業からどんどんと内々定が出て、採用も確定してしまうので、活動を続けている学生にとっても、その流れに乗ることが重要となってきます。

こんな背景があっての、後半戦の合同説明会なので、説明をするだけではなく、その場が面接の機会としている企業も多くなっているのが現状です。

 

リアルで会える機会を重要視する企業

もちろん後半戦においても、リクナビやマイナビといった媒体も活用されています。情報を集め、エントリーして、説明会に参加して、選考フローに入っていくのですが、前半戦だと重要視されていたこの動きも、後半戦になるとスピード感が合わず、企業も重点的に活用している会社が少なくなっています。

そのかわりに最も重要視されているのが「合同説明会」です。

企業にとっても、ある程度の母集団を形成することができる上、学生とその場で話ができることで、面接の一部として考えている企業も多いのです。優秀な人材や、好感触の学生はそのまま次の選考フローに上げる場合も多いのです。また直接学生に会社の内容を説明することができ、少人数での説明会を複数回実施できると考えると、よりマッチングした学生と出会える場と考えているからです。

 

 

先入観を持たず、焦らず、あきらめない

学生にとっても合同説明会だと、ネットの画面からは読み取りづらい雰囲気も感じることができ、実際に顔を合わせながらの説明を受けることができるメリットもあります。

だからこそ、学生の皆さんは、ヘンに頭でっかちになることなく、多くの企業ブースに座って話を聞くことをお勧めします。思わぬ優良企業や、自分にあった会社、意外と面白そうだと感じる仕事に出会えるかもしれません。

後半戦の合同説明会だと、参加人数にもムラがあって、思わぬ混雑や閑散となった会場もあるかもしれません。ただそんなときも焦らず、あきらめずに色々な会社の話を聞くことをお勧めします。