名称未設定-118新卒から、再び倫理憲章によって新卒採用のスケジュールが変更となりました。
それによって多くの企業が3月から選考開始としながらも、それ以前に採用活動を水面下でしていたようです。

学内セミナーが前倒しになったり、業界説明会といった選考に関わらないアピールの場が増えましたが、
具体的に最も大きなポイントとなったのが、インターンシップだと言われています。

18新卒内定者における、その会社のインターンシップ参加者が含まれていた、という企業が7割を超えるとの調査もあります。
志望度の高い企業へ就職しようという学生にとって、インターンシップは欠かせないものとなっています。

そうなると、19新卒においてもさらに重要になるインターンシップですが、学生にとってはどのような考え方で参加すればいいのでしょうか?
本来インターンシップとは「就業体験」なので、就職の選考にもかかわらず、経験値を蓄積する場だったはずですが、就活生にとっては全く考え方を変えなければなりません。
とはいえただでさえ超短期決戦になると予測される就活において、闇雲に参加するわけにもいきません。

まずはインターンシップを見極めるのが必要ではないでしょうか。

ワンデーインターンシップであれば、企業が母集団形成を図る、選考活動の一環である可能性が高い。
三日以上の複数日程で行われるインターンシップは、その会社の雰囲気や仕事の体験ができるはず。
中小企業やその体験できる業務が明確である場合は、経験値を蓄積できたり、スキルアップにもつながります。

学生にとって、自分が何をするべきなのか。
経験したい、スキルアップしたい、選考に参加したい、企業をみてみたい。

そういった目でみれば、どのインターンシップに参加すればいいのかが、おのずと見えてくるはずです。